Victor(ヴィクター)マグカップ(初期)
Victor(ヴィクター)マグカップ(初期)
Victor(ヴィクター)マグカップ(初期)
Victor(ヴィクター)マグカップ(初期)
Victor(ヴィクター)マグカップ(初期)
Victor(ヴィクター)マグカップ(初期)
Victor(ヴィクター)マグカップ(初期)
Victor(ヴィクター)マグカップ(初期)
Victor(ヴィクター)マグカップ(初期)
  • 画像をギャラリービューアに読み込む, Victor(ヴィクター)マグカップ(初期)
  • 画像をギャラリービューアに読み込む, Victor(ヴィクター)マグカップ(初期)
  • 画像をギャラリービューアに読み込む, Victor(ヴィクター)マグカップ(初期)
  • 画像をギャラリービューアに読み込む, Victor(ヴィクター)マグカップ(初期)
  • 画像をギャラリービューアに読み込む, Victor(ヴィクター)マグカップ(初期)
  • 画像をギャラリービューアに読み込む, Victor(ヴィクター)マグカップ(初期)
  • 画像をギャラリービューアに読み込む, Victor(ヴィクター)マグカップ(初期)
  • 画像をギャラリービューアに読み込む, Victor(ヴィクター)マグカップ(初期)
  • 画像をギャラリービューアに読み込む, Victor(ヴィクター)マグカップ(初期)

Victor(ヴィクター)マグカップ(初期)

通常価格
¥6,500
販売価格
¥6,500
通常価格
売り切れ
単価
あたり 

サイズや形の上でウォッチマンズマグの特徴がまだ十分に残るこのモデルは、初期の1950~1960年代の製造と推測されます。現存数は極端に少なく、たいへん希少な一品です。

カラーは白に近いオフホワイトで、径が大きいため容量はそこそこあります。コンディションの上では、小傷やシミ、高台の欠けや色づき等が見受けられますが、口の欠けやひどい汚れはなく、年代や希少性を考慮すれば、十分に許せる範囲かと思います。次回入荷はまったく期待のできないアイテムですので、Victorファンのお客様はぜひ。

Victorのマグカップについて
1893年創業のVictorは、もとは電線に使う絶縁器具「碍子(ガイシ)」の製造で発展したメーカーですが、第二次大戦中に碍子ビジネスが伸び悩み、碍子と同じ原料を使った陶磁器製造の道を模索しはじめます。

そんな最中の1940年代の初頭、U.S. Navy(海軍)から「揺れる船上での使用に耐えられるコーヒーマグを作って欲しい」という要請があり、それを受けたメーカーの中からVictorは最終的に契約の獲得に成功します。

Navyの希望は「分厚く丈夫で、当たって壊れるような持ち手は付いていないこと」というものでしたが、これに応える形でVictorが作ったのがウォッチマンズマグと呼ばれる、いわゆる日本の湯呑みのようなフォルムをしたマグカップでした。

第二次大戦中はさらに軍用に丈夫な厚手のボウルも生産をはじめ、こちらは戦後もしばらく製造が続けられました。なおマグカップについては、ウォッチマンズマグに改良を加え、厚手の作りはそのままに、持ち手の付いたマグカップを作りはじめます。

戦後もVictorはデザイン的なバリエーションをほとんど増やすことなく、かたくなにシンプルで丈夫なマグを作り続けますが、このシンプルさと丈夫さがレストランやダイナーから大いに支持を集め、コーヒーマグのスタンダードとして広く愛される存在となりました。

サイズ
口外径約9.3cm、高さ約9cm、容量約310ml、重量470~490g

配送
60サイズ

注意事項
使用に支障があったり、口の欠けやヒビといった大きなダメージ品は除外しておりますが、実際に使われていた古いお品物のため、欠点のない新品や完品とは異なりますことをあらかじめご了承下さい。