Rylands Climax Mason Jar
Rylands Climax Mason Jar
Rylands Climax Mason Jar
Rylands Climax Mason Jar
Rylands Climax Mason Jar
Rylands Climax Mason Jar
Rylands Climax Mason Jar
  • 画像をギャラリービューアに読み込む, Rylands Climax Mason Jar
  • 画像をギャラリービューアに読み込む, Rylands Climax Mason Jar
  • 画像をギャラリービューアに読み込む, Rylands Climax Mason Jar
  • 画像をギャラリービューアに読み込む, Rylands Climax Mason Jar
  • 画像をギャラリービューアに読み込む, Rylands Climax Mason Jar
  • 画像をギャラリービューアに読み込む, Rylands Climax Mason Jar
  • 画像をギャラリービューアに読み込む, Rylands Climax Mason Jar

Rylands Climax Mason Jar

通常価格
¥5,000
販売価格
¥5,000
通常価格
売り切れ
単価
あたり 

非常にレアなイギリスはRylandsというブランドのメイソンジャーです。Rylandsの正式名称はRylands Glass and Engineering Company。情報が少なく、詳しいことがまだつかめていないのですが、製造はおそらく1867年にBen Rylandsによって設立されたHope Glass Worksかと思われます。

この会社がメインで製造していたのはミネラルウォーターのボトルで、決してメイソンジャーが中心というわけではなかったようです。が、「Climax」と名付けるくらいなので、自信作ではあったのでしょう。

蓋はガラスのディスクを金属製のリングで締めて留めるタイプ。イギリスやカナダのメイソンジャーによく見られるこのタイプの蓋は、ボトルの中身がガラスにしか触れない構造のため、食べ物の保存にも安心して使えるというメリットがあります。

ガラスのカラーはグリーン。BallのStandard JarやBall Masonシリーズに見られるシーグリーンに比べると、より鮮やかな色味となっております。

ガラスには大小様々な気泡が入っており、ゆがみやシワもかなり見られます。まさに「とろとろ」という表現がぴったりな印象。このようなガラスの特徴は、1800年代後半のMason's Patentや、自社生産をはじめたばかりのKerr Self Sealingの初期のボトルにも見られますが、トロトロの度合いではRylandsには及びません。

いかんせん詳細のつかめていないブランドのため、正確な年代は不明ですが、1906年の専門紙に別デザインのRylands Climaxのボトルの記事が掲載されているため、製造はこの前後10年以内で間違いないでしょう。

およそ100年ほど前に作られたガラスのボトルではありますが、コンディションは驚くほど良く、ガラス面には多少の小傷をのぞいて気になるダメージは見られません。ただし口に小さな欠けがございますので、あらかじめご了承下さい。

ガラスの蓋のディスクはボトル本体とは異なり、爽やかなブルーとなっております。金属製のリングにはさすがにかなりサビが浮いていましたので、入念にサビを落として磨いてあります。

非常にレアなメイソンジャーですので、コレクションとしてもオススメですし、ガラスは魅力的な質感をしていますので、飾っていただくだけでも十分楽しんでいただけるでしょう。

なお蓋はとても実用的な作りで、ボトル本体もたいへんキレイな状態を保っていますので、コーヒー豆やお茶っ葉、ピクルスやお菓子などの保存にと、実際に使って楽しんでいただくのもオススメです。

サイズ
径約9.1cm、高さ約18.2cm

配送
80サイズ

注意
急激な加熱や冷却には耐えられず、破損してしまう場合がございますので、ご注意下さい。