Ball Jelly Glass 1933~1960年
Ball Jelly Glass 1933~1960年
Ball Jelly Glass 1933~1960年
Ball Jelly Glass 1933~1960年
Ball Jelly Glass 1933~1960年
Ball Jelly Glass 1933~1960年
Ball Jelly Glass 1933~1960年
Ball Jelly Glass 1933~1960年
Ball Jelly Glass 1933~1960年
  • 画像をギャラリービューアに読み込む, Ball Jelly Glass 1933~1960年
  • 画像をギャラリービューアに読み込む, Ball Jelly Glass 1933~1960年
  • 画像をギャラリービューアに読み込む, Ball Jelly Glass 1933~1960年
  • 画像をギャラリービューアに読み込む, Ball Jelly Glass 1933~1960年
  • 画像をギャラリービューアに読み込む, Ball Jelly Glass 1933~1960年
  • 画像をギャラリービューアに読み込む, Ball Jelly Glass 1933~1960年
  • 画像をギャラリービューアに読み込む, Ball Jelly Glass 1933~1960年
  • 画像をギャラリービューアに読み込む, Ball Jelly Glass 1933~1960年
  • 画像をギャラリービューアに読み込む, Ball Jelly Glass 1933~1960年

Ball Jelly Glass 1933~1960年

通常価格
¥2,000
販売価格
¥2,000
通常価格
売り切れ
単価
あたり 

1884年の創業より保存ビンを作り続け、今や世界中で愛されるアメリカ生まれのBallジャー。こちらは1920年から作られていたJelly Glassシリーズの一品で、シリーズの中でも古い年代の一品です。

ジェリーグラスもメイソンジャーの仲間ではありますが、一般的なメイソンジャーとは違って蓋はねじ込み式ではなく、パカっとはめるだけのシンプルな構造。もともとジェリーグラスは蓋で密閉するのではなく、ジャムなどを詰めた上から蝋を流し込んで固めて密閉するという方法がとられていました。

本品は当時の箱に入れられたまま長期間保管されていたもので、蓋のメッキも十分に残った、稀に見るコンディションの良さが自慢です。蓋には若干の傷や錆び、歪みといったダメージは見受けられますが、ジェリーグラス自体が最近ではめっきり見つからなくなってきていますので、蓋のコンディションに関しては、これ以上は望めないレベルと言っても過言ではないでしょう。

ガラスの容器の方も非常にキレイな状態を保っていて、若干の小傷を除いて気になるレベルのダメージは見られません。

密閉できる蓋ではないため、食べ物の保存には向きませんが、アクセアリーやコットン、袋入りのお菓子の収納といった使い方や、フラワーベース、キャンドルベースといった楽しみ方もオススメです。

サイズ
口外径8cm、高さ6.8cm

配送
60サイズ