Dietz(デイツ)レイルロードランタン 1953年製
Dietz(デイツ)レイルロードランタン 1953年製
Dietz(デイツ)レイルロードランタン 1953年製
Dietz(デイツ)レイルロードランタン 1953年製
Dietz(デイツ)レイルロードランタン 1953年製
Dietz(デイツ)レイルロードランタン 1953年製
Dietz(デイツ)レイルロードランタン 1953年製
Dietz(デイツ)レイルロードランタン 1953年製
Dietz(デイツ)レイルロードランタン 1953年製
Dietz(デイツ)レイルロードランタン 1953年製
Dietz(デイツ)レイルロードランタン 1953年製
Dietz(デイツ)レイルロードランタン 1953年製
Dietz(デイツ)レイルロードランタン 1953年製
Dietz(デイツ)レイルロードランタン 1953年製
Dietz(デイツ)レイルロードランタン 1953年製
Dietz(デイツ)レイルロードランタン 1953年製
Dietz(デイツ)レイルロードランタン 1953年製
Dietz(デイツ)レイルロードランタン 1953年製
Dietz(デイツ)レイルロードランタン 1953年製
Dietz(デイツ)レイルロードランタン 1953年製
  • 画像をギャラリービューアに読み込む, Dietz(デイツ)レイルロードランタン 1953年製
  • 画像をギャラリービューアに読み込む, Dietz(デイツ)レイルロードランタン 1953年製
  • 画像をギャラリービューアに読み込む, Dietz(デイツ)レイルロードランタン 1953年製
  • 画像をギャラリービューアに読み込む, Dietz(デイツ)レイルロードランタン 1953年製
  • 画像をギャラリービューアに読み込む, Dietz(デイツ)レイルロードランタン 1953年製
  • 画像をギャラリービューアに読み込む, Dietz(デイツ)レイルロードランタン 1953年製
  • 画像をギャラリービューアに読み込む, Dietz(デイツ)レイルロードランタン 1953年製
  • 画像をギャラリービューアに読み込む, Dietz(デイツ)レイルロードランタン 1953年製
  • 画像をギャラリービューアに読み込む, Dietz(デイツ)レイルロードランタン 1953年製
  • 画像をギャラリービューアに読み込む, Dietz(デイツ)レイルロードランタン 1953年製
  • 画像をギャラリービューアに読み込む, Dietz(デイツ)レイルロードランタン 1953年製
  • 画像をギャラリービューアに読み込む, Dietz(デイツ)レイルロードランタン 1953年製
  • 画像をギャラリービューアに読み込む, Dietz(デイツ)レイルロードランタン 1953年製
  • 画像をギャラリービューアに読み込む, Dietz(デイツ)レイルロードランタン 1953年製
  • 画像をギャラリービューアに読み込む, Dietz(デイツ)レイルロードランタン 1953年製
  • 画像をギャラリービューアに読み込む, Dietz(デイツ)レイルロードランタン 1953年製
  • 画像をギャラリービューアに読み込む, Dietz(デイツ)レイルロードランタン 1953年製
  • 画像をギャラリービューアに読み込む, Dietz(デイツ)レイルロードランタン 1953年製
  • 画像をギャラリービューアに読み込む, Dietz(デイツ)レイルロードランタン 1953年製
  • 画像をギャラリービューアに読み込む, Dietz(デイツ)レイルロードランタン 1953年製

Dietz(デイツ)レイルロードランタン 1953年製

税込
通常価格
¥0
販売価格
¥0
通常価格
売り切れ
単価
あたり 

1840年の創業より今なおランタンを作り続けるDietz(デイツ)のレイルロードランタンです。Dietz社は1956年に生産拠点を香港へうつし、さらに1982年には中国へ拠点をうつしますが、本品はアメリカで生産されていた1953年製になります。

レイルロードランタンは、文字通り鉄道の合図灯として使われていたもので、有名なハリケーンランタンとは違って、底のタンク部分もガードで覆われています。

外観はキレイな状態を保っていて、金属のくすみや小傷は見受けられますが、強いレベルの錆びや汚れは見られません。なおガラスにも大きなダメージはなく、タンクは漏れのないことを確認しています。

燃料は灯油の他、パラフィンオイルが使用可能(パラフィンオイルの方がススが出にくいです)。圧力式のランタンに比べると明るさは劣りますが、卓上で使うには十分。またポンピングやプレヒートの必要はなく、構造がシンプルなぶん手入れもしやすいです。

芯は1.3cm幅のコットン製に交換しています。


点火方法
レバーを左にスライドさせながら傘を持ち上げ、グローブ(ガラス)を持ち上げて芯に点火します。

燃料タンクの取り外し方
タンクを下から持ち、右にひねるとロックが外れます。装着する際は、タンク側の留め具でロックの端を持ち上げながら左にひねります。

サイズ
底径約16cm
本体高さ約25cm
持ち手も含めた高さ約38cm


配送
100サイズ

注意
オイルは満タンまで入れると漏れやすくなるため、給油は8分程度にとどめ、大きくゆすったりしないようご注意下さい。また芯を出しすぎるとススが出やすいので、ご注意下さい。

関連カテゴリ
インテリア照明