2020-02-01 インテリア

adequate(アダクワッタ)の襤褸のブタ

adequate(アダクワッタ)さんにお願いをし、敷布として使われていた日本の襤褸(ボロ)を解体して、ブタのぬいぐるみを製作していただきました。

adequate(アダクワッタ)の襤褸のブタ

使用したボロは、江戸時代から明治、ひょっとするとそれ以降まで使い続けられていたもので、破れるたびに繰り返し布を重ね、相当分厚いものとなっていました。

本体にはこのボロに使われていた布のみを使用していますが、目はヴィンテージレザーを加工したボタン。尻尾は馬革を使用しています。

生地の裁断のし方や組み合わせ方、刺し子のバランスといった部分には、adequateさんのセンスと苦労がぎゅっと凝縮されていますが、刺し子に使用する糸を少しだけ染めておくなど、一見しただけではわかりづらい部分へのこだわりも、adequateさんらしいところ。

今回ボロのブタは計5点製作していただいていますが、表情はもちろん一点一点異なり、同じものを製作することは不可能ですので、ひとつひとつ是非じっくりご覧いただけたらと思います。
http://online.towi.jp/shopdetail/000000000237/
http://online.towi.jp/shopdetail/000000000238/
http://online.towi.jp/shopdetail/000000000239/
http://online.towi.jp/shopdetail/000000000240/
http://online.towi.jp/shopdetail/000000000241/