2015-07-29 インテリア

1930~1940年頃の飛騨木工の折畳み椅子

現在の飛騨産業が飛騨木工の名前で製造していた、おそらく1930~1940年頃の折畳みチェアです。かなり古い椅子ですが、がたつきはまったくなく、折畳みもたいへんスムーズ。小傷こそあるものの、目立つ汚れや欠け等の大きなダメージはなく、とても良い状態が保たれています。

戦前の希少な折畳みチェアですが、実用的な素晴らしいコンディションを保っておりますので、末永く大切にお使いいただけることを願っております。

飛騨木工の折畳み椅子(※店頭引き取りのみ)

122