現行品とヴィンテージのブルーのメイソンジャーの違い

今日は涼しげなカラーのBallのヴィンテージ・ジャーをアップしてます。

BallにはHeritage Collectionとして復刻された現行品のブルーのメイソンジャー(→コチラ)もありますが、ヴィンテージとは明らかに色味が異なります。現行品のブルーは鮮やかな水色をしていますが、ヴィンテージの方は少しくすんだ感じの色味をしているんです。ちなみにヴィンテージの方は、年代やモデルによっても微妙な違いがあります。

ヴィンテージのガラスのブルーは、製造時に使われていたミシガン湖の砂に含まれるミネラル分によって生み出されていたそうです。細かな仕組みは知る由もありませんが、微妙な色味の違いが出てくるのも、なんとなくそれで納得がいきます。また、くすんだ感じの色あいに、面白みや味を感じずにはいられません。

保存容器としてお使いいただくのももちろんいいのですが、そのまま飾ったり、フラワーベースといった、ガラスの色味や質感をより楽しめる使い方を個人的にはオススメします。

Ball Perfect Mason Blue Jar

88

タグ: