2018-05-02 インテリア

今年の12月はもみの木にチャレンジしたくなるスタンド

1900年代初頭の鋳物のクリスマスツリー・スタンド

売りたくない気持ちがどうしても強く、バックヤードにしまいこんでいた期間の長かったクリスマスツリースタンド。今日は気持ちを無にして撮影し、その勢いのままアップしました。

1900年代初頭の鋳物のクリスマスツリー・スタンド

1878年の創業より工具類を製造、販売してきたNorth Brothers Manufacturing Companyの鋳物のスタンド。もしこれと同じように一つ一つのパーツを鋳物で作るとなったら、現代ならとてつもなく高価なものになってしまうでしょう。

1900年代初頭の鋳物のクリスマスツリー・スタンド

塗装の剥がれや多少のサビといったダメージは見られるものの、割れや欠けなどは見られません。鉄の味わいは素晴らしく、見惚れること間違いなし(できるなら是非店頭で直接手に取って見て欲しい)。実用も可能ですが、そのままディスプレイするだけでも十分楽しめます。

鋳物のクリスマスツリー・スタンド
https://item.rakuten.co.jp/sho-zo/xmas-tree-stand/

※スタンドとして使う場合は、床面に固定していただきますようお願いいたします。高さのあるものは安定感がなく、倒れると周りにあるものを巻き込みますし、スタンドも破損する可能性が高いです。