2017-03-10

チョコレートブラウンのカフェオレボウル

焦茶釉の茶碗

19世紀フランスのボウル、ではなく、日本のちょっと古い茶碗になります。

釉薬がかかっていない部分がありまして、簡単に言ってしまえばまあ雑な作りなわけですが、おそらくものが不足していた戦後間もない頃に作られたものではないかと。茶碗としては暗い色調に思われますが、シチューやカフェオレには非常によく合います。

焦茶釉の茶碗はこちら

焦茶釉の茶碗

焦茶釉の茶碗

タグ:
関連記事