2017-10-16

徳利からクリップボードまでいろいろ

今日は少し前に入荷してたもの、最近入荷したばかりのもの、合わせて4点ほどアップしました。はじめの3点は日本の古いもの、最後のクリップボードはアメリカのものになります。

楚々とした美しさのある草花文徳利

描かれた野草のタッチの素朴さとは対照的に、細くくびれた首のラインが艶やかに美しい徳利です。李朝と聞いていますが、不明としておきます。
草花文徳利

ラベルの残ったとろとろなガラスの海苔瓶

ラベルが残された戦前の貴重な海苔瓶です。瓶本体の意匠もさることながら、細かな気泡がたくさん閉じ込められた、古い時代ならではのガラスの質感がとても魅力的な一品。もったいないにはもったいないんですが、使ってなんぼたと思いますので、インテリアに合わない場合はラベルは剥がしてしまってもよろしいかと。
とろとろなガラスの海苔瓶

ナンバリング・メタルスタンプ

文具や事務用品のメーカーであるMAX(マックス)の古いナンバリングスタンプです。ナンバリングスタンプは、書類などに通し番号を打つためのもので、押すごとに数字が自動的に一つずつ進む仕組みになっています。現在も似たデザインのまま生産が続けられていますが、こちらは古い時代の一品。箱のデザインがこれまたすごくいいです。領収書やノートに、あるいはオリジナルラベル作りにも一役買ってくれそうです。
ナンバリング・メタルスタンプ

万年カレンダー付きアドバタイジング・クリップボード

BARBATA AUTO PARTSという会社が、おそらく顧客に配っていたのであろうクリップボード。クリップ部分に万年カレンダーが付いていて、とても実用的な一品です。メモ用紙を挟んで使うもよし、好きなポストカードなどをディスプレイしてもいいでしょう。
万年カレンダー付きクリップボード

関連記事